毎回気になるズボンの裾、もう裾直しはしたくないです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、以前海外留学をしたことがあります。その国には、私の一番大好きな洋服のブランドがありました。いつも、お店に訪れるたびに思っていたことが、全ての洋服が細身なのです。なんとかトップスは切れるものの、スボンは買ったことがありません。スカートはなんとか、履くことができたのですが、ズボンを私の腰を脚の太さの基準に合わせると、およそ3分の1くらい裾が余ってしまうのです。とても悲しかったです!!

特に、ブーツカットのズボンとなると、裾を直すにしても、裾の部分のデザインが重要なのにそれを切らなければならない、それだと買う意味はありませんよね。なので、結局海外にいる間に買うことはできませんでした。しかし、どうしても私だって大好きなブランドの服を履きたいです。もう諦めたくはありません!脚の長さはしょうがないとしても、太さは努力次第だと十分わかっています。

特に、海外にいる間は体重計のない生活だったので、行く前よりも7kgほど太ってしまいました。痩せることって女性の永遠の課題ですよね。いつもその課題に悩まされています。今は、とりあえず元の体型に戻れるように頑張りたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。